んーなんかはじまった~必殺仕業人2015スペシャル~

小五郎、キン肉女に出会う

第0話・2015スペシャルあらすじ

 最近のスペシャル恒例、冒頭は本筋と関係ない殺しのシーン。なんか見たことないやつが混じっていたりするが気にしない。TOKIO屋涼次とか地味屋の知念君とか。いきなり仕留められる有枡屋おはる(秋山竜次)、シャルル・ド・ローン(平田オリザ)、相転移キャノン(加藤あい)など深いストーリー設定があるけど贅沢にばっさりだ。
 八丁堀こと中村主水(ジャスタウェイ)が居なくなり、仕業人チームはいつもなぜか一応存続することになっている闇の会の猿(亀田兄)によって、解散を命じられることに。存続の条件は、新規入会者を増やすこと。そんな中やいとやが目を輝かせながら叫ぶ。
 「仕業人やろっ!」
 華麗にスルーする小五郎、神田明神で一人立つやいとや、しかしそんな中貫禄のなさでは定評のある元締(貫禄のない女優さん)が残響音を響かせ叫ぶ。
 「仕事が来たぞー!!」
 え、まじか。一番最初に走って飛んできた必殺に絡みたがり屋の英樹(高橋英樹)をエメルソンが補足してばくばく、もぐもぐ。まあ、しょうがないよね。
 「んーっ!久々の仕事ですっ!そんなの、あたしが許さない」
 おふう、はしゃぎすぎだしなんか衣装と武器が変わってるぞ。魔法少女の赤いやつのあれだろ。声優同じだからって無茶しやがって。今回の仕事は何々、常陸大洗への出張仕事だと?ああ最近江戸の芝居小屋で最近「女子たち及び衝車」なるものがヒットしておったがアレか。あーなるほど、そこで地域おこしが始まって、利権がどうたらで会津屋(竹中直人)と葉韮藩の取締役・土屋多門(竹中直人)が結託して搾取、女(竹中直人)に貢いで小料理屋(竹中直人)を開かせてると。なんか農民(ゴスペラーズとゴールデンボンバー)が苦しんで・・・よし。あ、なんか本家仕業人の最終回みたいだけど・・・まいっか、忘れた。
 「おいちょっと待った、人員追加の件はどうするんだい」
 あ、珍しくまともな事いったやいとや。
 「そうだ!仕事師能舞台に出よう!!」
 仕事師能舞台とは、からくり人やら仕切人やらうっかり人やらさわやか人やら魔女っ子稼業やら、まあいろんな連中がが集まって殺しの技を競う夢の大舞台。大体毎年飛び道具ばっかりに偏ってる橋掛人か縄張りが宇宙規模のコマンドー人が優勝してる。つうか反則だろ橋掛人。今考えたら。
 しかし前回の大会で、奇抜なデザインと謎の暗殺用釣天井に予算をかけ過ぎ大赤字に。安価な土嚢(加藤清澄)を使ってもまだ赤字。そのうえ、普請奉行の家紋には埼玉県章のパクり疑惑が…果たして今年は開催されるのか?
 一方TOKIO屋の涼次はその後ろで麦レベルからラーメン作りに夢中だ。知念君は水吸ってずんずん巨大化してるし。その後ろからサングラスとマスクをかぶった小柄な少女がにじり寄り一言
 「あんたたちー!解散しなさい!あんたたちは仕事師能舞台を分かっていない!」
 しかしそこで主水が「俺たちは何か重大な間違いを犯しているのではないか」と気づき始める。

 前作「必殺仕業人2014」の「謎の光る指」に関するアンサーを元に構成された今作は、悪役を竹中直人に据えた時点で竹中直人の竹中直人による竹中直人のための竹中直人にするべく製作されたはずなのに、脚本家寺田ニコルソンが執筆三日前に「ラブライブ!」を一気見したからさあ大変。ま、いっか。どういう話になっても竹中直人がエメルソンにぱくぱく食べられながら、笑いながら怒る人をやれば必殺的にOKやろ。とは松野ニコルソン氏談。石原ニコルソン監督もノリノリであったという。なお食いちぎられた竹中直人はその後破片から再生して現在記録されている竹中直人の総数、26人。これって助け人の数と一緒じゃないですか?偶然?やだー!

バイオリンの代わりはいるのだろうか、彷徨う小五郎の雪の出会いは必然か、それとも終わりへの序章か
次週から新番組、必殺仕業人2015がスタートします ご期待ください